患者さま・利用者さまのための

             





1、脳卒中の定義



       脳血管障害とは、脳を灌流する血管の病変による脳の機能的、器質的障害のすべてを

       指します。その中で、意識障害や脳局所が急激に発症するものを脳卒中と呼んでいます。

       脳卒中には、1.脳出血、2.脳梗塞、3.クモ膜下出血 などがあります。

            脳卒中=生活習慣病(成人病)の1つ



       1.脳出血とは、主に高血圧や動脈硬化で、脳の血管が切れて出血したものをいう。

       2.脳梗塞とは、動脈硬化などで、脳の血管が硬くなったり細くなったりして、血の固

            まり(血栓)が脳の血管につまって起こったものをいう。

       3.くも膜下出血とは、若い方にも起るもので、脳の動脈瘤破裂が主に原因となり

             脳の外側にある「くも膜」に出血したものをいう。

       4.その他

2、我が国の死因の推移

3、脳卒中の予防とは

  


              
                 
食生活では、コレステロールが少なすぎると脳出血が起きやすくなり、

                 多すぎると脳梗塞の危険がある。
 
                 高脂血症の心配がなければ、鶏卵や肉類も取ったほうがよい。

                                生活習慣と衣・食・住(環境)の関係は大きい


4、脳卒中の病理学


       1.血管の変化

       とくに栄養過多や糖尿病、高脂血症、高血圧症などによる動脈硬化・アテロー

        ム硬化など、脳梗塞や脳出血の要因

       その他心原性の脳塞栓などもある。

       2.血液の変化

       とくに血液サラサラ度(ヘマクリット値)の上昇、高齢者の明け方に脱水傾向 

        で発症する中年(40代〜50代)でも脳梗塞を起こす場合がある。

       3.血圧の変化

        肥満、食塩の取りすぎなどからの高血圧症、その他急激な一過性の血圧上昇や

         血圧低下など(高血圧性脳出血や脳梗塞の要因)

       4.脳動脈瘤などのその他血管病変など

5、高血圧症の原因と予防

                                                                                                     最初に戻る

       イ)高血圧の定義:

       正常血圧とは、世界保健機構(WHO)では

          最大血圧=130mmHg以下で

          最小血圧= 85mmHg以下

            と定義している。

     ロ)要因と予防:

       1)食塩(塩分)のとりすぎ   2)肥満

                3)飲酒               4)喫煙

       5)ストレス

      などが絡み合って起る

     ハ)食生活では

       料理法を工夫してうす味になれていく。

       鎮静作用のある食材も効果的に選ぶ。

6、高血圧に効果的な食材(アイウエオ順)




                 (食育大事典:www.shokuiku.co.jp)

 

7、高脂血症のタイプと予防と治療

                                                                                                     

     イ)中性脂肪=150mg以上で、
      HDLコレステロール=30mg以下のタイプ

            (中性脂肪が高くて、HDLコレステロールが低い人)

   ●予防(治療)

      動物性の肉を控えて、魚や植物油を多くとるように、

              砂糖や甘いものを控え、肥満を防ぎ、飲酒も控える。

     ロ)総コレステロールが高いタイプ

      (総コレステロール値=220mg以上)

   ●予防(治療)

      肉を控え、植物油や魚を多く食べる。

      海藻、野菜などの食物繊維をよく取る。

8、高脂血症に効果的な食材(アイウエオ順)      

                                                                                                      最初に戻る


                  (食育大事典:www.shokuiku.co.jp) 


9、動脈硬化の病理と予防・診療



     イ)動脈硬化の定義:

      血管の内壁にコレステロール(脂肪)などが付着し、血管内が細くなり、

              弾力性も失われた(硬化)状態をいう。10代〜20代から年齢に関係なく

              発生してくる。

      ロ)予防(生活習慣の改善):

      先進諸国では、「がん対策」と並んで最大の健康問題になっている。

      日本では2000年に厚生労働省がたてた「健康日本21」で健康づくり

               指標が出された。動脈硬化の要因である高血圧症、高脂血症、糖尿病、

              アルコール多量摂取、喫煙、運動、ストレス対策などを基本としている。

       まず食生活では、カロリー制限、肥満防止、塩分制限、脂肪摂取制限などが

              重要である。

       ハ)薬物療法(動脈硬化危険因子に有効な薬剤の投与):

        @高血圧症=降圧薬(糖尿病併発の場合は特に注意)

        A高脂血症=コレステロール低下薬、中性脂肪低下薬

        B糖尿病=経口糖尿降下薬、インシュリン注射など

        C血栓傾向改善=抗血小板薬(アスピリン、チクロピジンなど)

10、動脈硬化に効果的な食材(アイウエオ順)

                                                                                                          


                                                  (食育大事典:www.shokuiku.co.jp)  

11、脳神経外科的治療

                                                                                                           最初に戻る

           1.脳出血

              開頭血腫除去術

            定位的穿頭血腫吸引術

            2.脳梗塞など(閉塞性脳血管障害)

     頸動脈血栓内膜剥離術(内頚動脈狭窄症など)

     浅側頭動脈・中大脳動脈末梢枝吻合術(STA-MCA吻合術)

     減圧開頭術

     血管内手術、ステント留置術など(血管拡張術)

            3.脳動脈瘤

         動脈瘤ネッククリッピング術、結紮術、コーティング術

         血管内手術(動脈瘤塞栓術)

            4.その他

12、まとめ

     
           平均寿命は

           世界トップレベルの水準

         男性79.64歳

         女性86.39歳の時代

              健康寿命とは

                寝たきりや痴呆にならずに、自立して健康に生活できる期間をいう。

                    生活習慣病の撲滅が大切。

            これからの生き方

              ただ長生きするだけでなく、「健康寿命」を更に伸ばし、生活の質(内容)

                 の向上を図ることが重要である。

              

                                                                                                              最初に戻る

                                                                                                               HOME