職員17名(理学療法士7名・作業療法士4名・言語聴覚士3名・マッサージ師2名
助手1名)で『明るく・厳しく・楽しく』をモットーに患者様と共にがんばっています
理学療法部門   (Physical Therapy :PT)

  早期離床に取り組みながら、基本動作(寝返り・起き上がり等)
  や歩行などの身体機能の向上をめざしてアプローチしています
作業療法部門   (Occupational Therapy :OT)

  早期家庭復帰を目指し、作業活動を用いて日常生活動作の
  自立を支援します。
言語療法部門    (Speech Therapy :ST)

   言葉や聞こえなど、コミュニケーションに障害のある方や周囲の
   方々に対して、相談・評価・指導などの専門的な援助を行います。
   
   また、摂食・嚥下障害に対してもアプローチしています。
マッサージ

   痛みや凝りなどに対して、運動療法も取り入れながら積極的に
   アプローチしています。
物療

         
物理療法とは、物理的なエネルギー(熱。水・光・電気など)
   を外部から人体に応用し、疼痛の緩和循環の改善、リラクゼーショ
   ンの目的で使用する療法です
    当院では下記の物理療法を行っています
   ・温浴療法・・ホットパック、パラフィン浴・過流浴・極超短波など
   ・水治療法、過流浴など
   ・電気治療・・低周波、極超短波など
   ・牽引療法・・頚椎牽引・腰椎牽引など。
                    

               リハビリテーション部理念

私たちはチーム医療を担う適切なリハビリテーションを実施し、
患者様の家庭・社会復帰に向けての支援を、誠心誠意行います。

               リハビリテーション部の基本方針

@  患者様とご家族のQOL向上を目標に、医師の指示に基づいて、
   患者様を中心としたリハビリテーションを実施します。
A  チーム医療(ケアプロセスの健全な構築)推進のため、他部門
   と連携し、情報を共有して日々の業務に取り組みます。
B  プロ意識を持ち、質の向上のため、日々学習研鑽に励みます。
C  患者様の安全に、細心の注意をはらいます。

  


リハビリテーションスタッフ
リハビリテーション室風景
HOME