貞本病院 SADAMOTO HOSPITAL
089-945-1471

089-945-5829

お知らせNEWS TOPICS

HOME病気についての知識脳神経外科腰部脊柱管狭窄症
脳神経外科2022年09月16日 投稿

腰部脊柱管狭窄症

腰椎管内腔が先天的あるいは後天的に狭小化し、神経が慢性的に圧迫されて症状を呈する病気です。一般に50歳以上の男性に多く、間欠性跛行や神経根症状が見られます。多くは後天性で、椎間板の突出、椎間関節の変性による突出、関節包の肥厚、黄色靭帯の肥厚、椎体の滑りなどの加齢に伴う変性により狭窄をきたしています。
症状は、腰痛、下肢痛、間欠性跛行などで、安静時にはみられず歩行時や起立就労時にみられます。特に間欠性跛行は特徴的で、歩行により腰痛や下肢痛が誘発されて歩行困難になりますが、座って休息するとまた歩行可能となります。歩行に支障があっても、通常自転車走行には支障がありません。

補助診断として腰椎単純X線像、CT、MRIを行います。

まず保存的治療を行いますが、安静、運動療法、神経ブロック、物理療法などがあります。薬物治療としてはプロスタグランディン製剤が有用です。保存的治療で改善しない場合は、外科治療の適応となります。手術は後方除圧術が基本となり、椎弓切除術や開窓術(罹患レベルの椎弓の部分切除および黄色靭帯切除)が行われます。腰椎に不安定性を伴う場合には、後方除圧に後方固定術、前方固定術などを併用します。

© 2022 SADAMOTO HOSPITAL
totop

脳神経外科

貞本 和彦さだもと かずひこ

くわしく見る

脳神経外科

大西 丘倫おおにし たかのり

くわしく見る

脳神経外科

久門 良明くもん よしあき

くわしく見る

脳神経外科

松原 一郎まつばら いちろう

くわしく見る

循環器科内科

本田 俊雄ほんだ としお

くわしく見る

脳神経外科

伊賀瀬 圭二いがせ けいじ

くわしく見る

耳鼻咽喉科

古田口 裕ふるたぐち ゆたか

くわしく見る

放射線科

曽我部 一郎そがべ いちろう

くわしく見る

耳鼻咽喉科

澤井 志保さわい しほ

くわしく見る

脳神経外科

木村 菜里きむら なり

くわしく見る

内科

大田 和子おおた かずこ

くわしく見る