貞本病院 SADAMOTO HOSPITAL
089-945-1471

089-945-5829

診療科目・部門案内専門外来OUTPATIENT CLINIC

2/4

午前のみ診療

HOME

専門医による診察について

当院では、下記のような専門性の高い病気や症状に対して、経験と実績豊富な専門医による診療を行っています。

物忘れ・認知症

ご自身やご家族などの物忘れが気になり、認知症ではないかと心配な方を診療します。
まずMRIと簡便な認知症テストを行い、認知症をきたす水頭症、血腫、脳梗塞、脳腫瘍などの病気の有無を確認します。
脳に器質性病変がなく、テストで認知症と診断されたら、アルツハイマー型認知症かその他の認知症かを診断するため、MRI-VSRAD(脳萎縮部位の診断)、脳血流SPECT(脳血流低下部位の診断)、MIBG心筋シンチグラフィー(交感神経障害の有無診断)、DATスキャン(大脳基底核での取り込み低下)、脳波・血液検査を行います。各種の認知症に対して適切な治療を行います。

症状の具体例
  • 最近何だか忘れっぽい
  • 何度も同じことを言う
  • 大事なもの(財布、通帳、印鑑など)や約束を忘れてしまう
  • 仕事や家事に以前より時間がかかるようになった

震え

本態性振戦やパーキンソン病などによる震えを治療します。
MRIを行い、脳に腫瘍や血管障害などの器質性病変のないことを確認します。また、血液検査により振るえを呈する内科的疾患を鑑別します。

DATスキャンや、MIBG心筋シンチグラフィーを行い、他の病気と鑑別します。
震えを止めるために、まずは薬による治療を行いますが、改善が乏しい場合、外科的治療が検討されます。本態性振戦の外科的治療は、震えに関与する脳の一部を焼灼凝固するもので、頭蓋骨を一部開けて行う方法(穿頭術)と、頭蓋外から超音波を一点に集束させる方法(経頭蓋集束超音波治療)の2種類があります。当院では、頭蓋骨を開けない集束超音波治療を行っています。

症状の具体例
  • 両手足や頭が震える(振戦)
  • 筋肉がこわばって、動きが鈍くなった
  • 正しい姿勢が取りにくく、身体のバランスがとりにくい

頚部(首)・腰

変形性頚椎症や変形性腰椎症、脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症、胸腰椎圧迫骨折などがあります。頚部痛、腰痛とともに、脊髄や神経根の圧迫のため手足の痺れや疼痛、筋力低下をきたします。

レントゲン検査、MRI、CTなどの画像診断と電気生理学的検査により原因を明らかにして、まず薬物治療を行いますが、症例によってはリハビリ治療や顕微鏡手術を行い、症状の軽減並びに進展防止を図ります。

症状の具体例
  • 手足の痺れ・痛みや脱力を感じる
  • 頚部(首)や肩の痛み
  • 腰の痛み
  • 間欠性跛行(歩行を続けると症状が強くなり、歩けなくなる)

脳ドック

頭部MRI・MRA、頸動脈エコー、心電図などを行います。
希望の方には脈管ドックとして大動脈弓部MRAや冠動脈MRA、心エコー、上下肢動脈・静脈エコーを行います。

脳動脈瘤、脳動静脈奇形、頭蓋内動脈や頸動脈狭窄は、今後、くも膜下出血、脳出血や脳梗塞を引き起こす可能性が高いので、経過観察あるいは外科的治療の選択を行います。

頸動脈狭窄

頸動脈狭窄症の患者さまに対して、頸動脈エコー検査とMRI検査を半年〜1年毎に行います。

治療は薬物治療が基本ですが、狭窄が進んだり、途中で脳梗塞を発症した場合には、頸動脈ステント留置術や頸動脈内膜剥離術を行います。

心筋梗塞や下肢動脈閉塞症を合併することが多いので、胸部症状や足の脱力感がみられた場合には、循環器内科への紹介を致します。

© 2022 SADAMOTO HOSPITAL
totop

脳神経外科

貞本 和彦さだもと かずひこ

くわしく見る

脳神経外科

大西 丘倫おおにし たかのり

くわしく見る

脳神経外科

久門 良明くもん よしあき

くわしく見る

脳神経外科

松原 一郎まつばら いちろう

くわしく見る

循環器科内科

本田 俊雄ほんだ としお

くわしく見る

脳神経外科

伊賀瀬 圭二いがせ けいじ

くわしく見る

耳鼻咽喉科

古田口 裕ふるたぐち ゆたか

くわしく見る

放射線科

曽我部 一郎そがべ いちろう

くわしく見る

耳鼻咽喉科

澤井 志保さわい しほ

くわしく見る

脳神経外科

木村 菜里きむら なり

くわしく見る

内科

大田 和子おおた かずこ

くわしく見る