貞本病院 SADAMOTO HOSPITAL
089-945-1471

089-945-5829

お知らせNEWS TOPICS

HOME病気についての知識脳神経外科正常圧水頭症
脳神経外科2022年09月16日 投稿

正常圧水頭症

認知症状(精神活動の低下)、歩行障害、尿失禁を呈する高齢者のうち、著しい脳室拡大を認めるにもかかわらず、脳脊髄圧が比較的低く、脳室腹腔シャント術や腰椎腹腔シャント術を行うと神経症状が著明に改善する症例があります。
原因不明なものを特発性、くも膜下出血や頭部外傷などの後にみられるものを続発性と呼びます。
症状から、認知症、脳梗塞、パーキンソン病などと診断されることがあります。診断にはCTやMRIが必須で、特徴的な脳室や髄液腔の拡大が見られます。腰椎穿刺で髄液を排除して、症状の改善が見られると正常圧水頭症の診断がほぼ確実となります。

© 2022 SADAMOTO HOSPITAL
totop

脳神経外科

貞本 和彦さだもと かずひこ

くわしく見る

脳神経外科

大西 丘倫おおにし たかのり

くわしく見る

脳神経外科

久門 良明くもん よしあき

くわしく見る

脳神経外科

松原 一郎まつばら いちろう

くわしく見る

循環器科内科

本田 俊雄ほんだ としお

くわしく見る

脳神経外科

伊賀瀬 圭二いがせ けいじ

くわしく見る

耳鼻咽喉科

古田口 裕ふるたぐち ゆたか

くわしく見る

放射線科

曽我部 一郎そがべ いちろう

くわしく見る

耳鼻咽喉科

澤井 志保さわい しほ

くわしく見る

脳神経外科

木村 菜里きむら なり

くわしく見る

内科

大田 和子おおた かずこ

くわしく見る