貞本病院 SADAMOTO HOSPITAL
089-945-1471

089-945-5829

お知らせNEWS TOPICS

HOME病気についての知識脳神経外科慢性硬膜下血腫
脳神経外科2022年09月16日 投稿

慢性硬膜下血腫

軽微な頭部外傷後、1ヶ月前後を経過して、認知症状(物忘れや性格変化)、片麻痺や言語障害が出現して緩徐に進行します。高齢者に多く見られるので、年のせい、認知症や脳梗塞として見過ごされることがあります。
診断にはCTやMRIが必須ですが、CTでは見落とされる血腫もあります。通常は、局所麻酔下で1時間未満の穿頭血腫洗浄ドレナージ術により、症状は劇的に消失します。

© 2022 SADAMOTO HOSPITAL
totop

脳神経外科

貞本 和彦さだもと かずひこ

くわしく見る

脳神経外科

大西 丘倫おおにし たかのり

くわしく見る

脳神経外科

久門 良明くもん よしあき

くわしく見る

脳神経外科

松原 一郎まつばら いちろう

くわしく見る

循環器科内科

本田 俊雄ほんだ としお

くわしく見る

脳神経外科

伊賀瀬 圭二いがせ けいじ

くわしく見る

耳鼻咽喉科

古田口 裕ふるたぐち ゆたか

くわしく見る

放射線科

曽我部 一郎そがべ いちろう

くわしく見る

耳鼻咽喉科

澤井 志保さわい しほ

くわしく見る

脳神経外科

木村 菜里きむら なり

くわしく見る

内科

大田 和子おおた かずこ

くわしく見る