貞本病院 SADAMOTO HOSPITAL
089-945-1471

089-945-5829

お知らせNEWS TOPICS

HOME病気についての知識脳神経外科片側顔面痙攣
脳神経外科2022年09月16日 投稿

片側顔面痙攣

片側の下眼瞼部から始まり口角へと筋肉が痙攣して、目が閉じてしまい、口角が外上方向に持ち上げられます。目を強く閉じたり、口を尖らせたりすると誘発されます。MRIでは脳幹部の顔面神経出口部分が動脈(前下小脳動脈、椎骨動脈など)で圧迫されている所見がみられます。動脈瘤や脳腫瘍が原因のこともあり、MRIによる画像診断は欠かせません。
症状が悪化すると、美容上だけでなく精神的苦痛にもなります。

治療として、ボツリヌス毒素療法や神経血管減荷術が用いられます。前者は対症療法であり、繰り返し局所注射の必要があります。後者は根治療法ですが、全身麻酔下の開頭術を要します。効果は限定的ですが、必要な時のみに精神安定剤や抗痙攣薬を使用する場合があります。

© 2022 SADAMOTO HOSPITAL
totop

脳神経外科

貞本 和彦さだもと かずひこ

くわしく見る

脳神経外科

大西 丘倫おおにし たかのり

くわしく見る

脳神経外科

久門 良明くもん よしあき

くわしく見る

脳神経外科

松原 一郎まつばら いちろう

くわしく見る

循環器科内科

本田 俊雄ほんだ としお

くわしく見る

脳神経外科

伊賀瀬 圭二いがせ けいじ

くわしく見る

耳鼻咽喉科

古田口 裕ふるたぐち ゆたか

くわしく見る

放射線科

曽我部 一郎そがべ いちろう

くわしく見る

耳鼻咽喉科

澤井 志保さわい しほ

くわしく見る

脳神経外科

木村 菜里きむら なり

くわしく見る

内科

大田 和子おおた かずこ

くわしく見る