貞本病院 SADAMOTO HOSPITAL
089-945-1471

089-945-5829

お知らせNEWS TOPICS

HOME病気についての知識脳神経外科神経血管減圧(減荷)術
脳神経外科2022年09月16日 投稿

神経血管減圧(減荷)術

脳幹部からの運動性神経根出口部や知覚神経根進入部は、乏突起膠細胞のつくるミエリンとシュワン細胞がつくるミエリンの移行帯となっています。この部を血管が慢性的に圧迫すると、神経刺激症状が生じます。
これに対して外科的に血管と神経を離し圧迫を解除すると症状が消失しますが、これを神経血管減圧術と呼びます。血管と神経の間に軟らかい人工コットンを入れる方法や、責任血管にテープを巻いて硬膜に貼り付けて移動させる方法があります。片側顔面痙攣(前下小脳動脈、椎骨動脈が責任血管)や三叉神経痛(上小脳動脈が責任血管)が対象となります。
他の治療として、前者ではボツリヌス毒素療法、後者ではカルバマゼピン、定位放射線療法、局所神経ブロックなどがあります。

© 2022 SADAMOTO HOSPITAL
totop

脳神経外科

貞本 和彦さだもと かずひこ

くわしく見る

脳神経外科

大西 丘倫おおにし たかのり

くわしく見る

脳神経外科

久門 良明くもん よしあき

くわしく見る

脳神経外科

松原 一郎まつばら いちろう

くわしく見る

循環器科内科

本田 俊雄ほんだ としお

くわしく見る

脳神経外科

伊賀瀬 圭二いがせ けいじ

くわしく見る

耳鼻咽喉科

古田口 裕ふるたぐち ゆたか

くわしく見る

放射線科

曽我部 一郎そがべ いちろう

くわしく見る

耳鼻咽喉科

澤井 志保さわい しほ

くわしく見る

脳神経外科

木村 菜里きむら なり

くわしく見る

内科

大田 和子おおた かずこ

くわしく見る