貞本病院 SADAMOTO HOSPITAL
089-945-1471

089-945-5829

お知らせNEWS TOPICS

HOME病気についての知識脳神経外科聴神経腫瘍
脳神経外科2022年09月16日 投稿

聴神経腫瘍

内耳道内の前庭神経の鞘細胞から発生する良性の腫瘍です。中年女性に多く、片方の難聴や耳鳴りを初発症状として緩徐に悪化しますが、突発することもあります。
腫瘍が発育すると周囲の脳神経症状を圧迫して、めまい、顔面のしびれや麻痺、ふらつきがみられるようになります。
診断にはMRIが必須ですが、本腫瘍を疑った撮影条件で撮影しないと、小さな腫瘍を見逃すことがあります。大きさが3 cmを超えると開頭して腫瘍を摘出しますが、3 cm以下の場合にはガンマナイフなどの定位放射線療法も選択されます。ともに顔面神経機能や聴力の温存を目指した工夫がなされています。

© 2022 SADAMOTO HOSPITAL
totop

脳神経外科

貞本 和彦さだもと かずひこ

くわしく見る

脳神経外科

大西 丘倫おおにし たかのり

くわしく見る

脳神経外科

久門 良明くもん よしあき

くわしく見る

脳神経外科

松原 一郎まつばら いちろう

くわしく見る

循環器科内科

本田 俊雄ほんだ としお

くわしく見る

脳神経外科

伊賀瀬 圭二いがせ けいじ

くわしく見る

耳鼻咽喉科

古田口 裕ふるたぐち ゆたか

くわしく見る

放射線科

曽我部 一郎そがべ いちろう

くわしく見る

耳鼻咽喉科

澤井 志保さわい しほ

くわしく見る

脳神経外科

木村 菜里きむら なり

くわしく見る

内科

大田 和子おおた かずこ

くわしく見る